電話応対・接遇・資格取得を通じて企業の成長をサポートします

キャリア&「人財」育成支援 ~Fumiko Office~

40年間ビジネスの現場で培った経験、スキル、知識を活かして、成果に繋がる実践的な企業研修を行います!

サービスについて

様々なサービスにより企業様の業務をサポートいたします。

企業のイメージアップとビジネスチャンスを活かす電話応対

詳しくはこちらをクリック

紹介客・リピーターに繋がる、顧客ロイヤリティを高める接遇

詳しくはこちらをクリック

即戦力になり得る社員の育成を目的とした資格取得

詳しくはこちらをクリック

他にも色々なメニューをご用意しています。

★業種別研修

  • 医療、福祉…「心に寄り添うとは」
  • コールセンター…「マニュアルではない応対とは」
  • 接客サービス…「お客様満足とは」

★階層別研修

  • 新人研修、フォローアップ研修
  • 中堅社員研修

★応対応接・電話応対コンクール出場者向けトレーニング研修

  • 公益財団法人日本電信電話ユーザ協会 電話応対コンクール 地区大会・全国大会
  • 企業内 店頭応対コンクール  ブロック大会・全国大会
詳しくはこちらをクリック

 

 

お客様の声

受講いただいた皆様からいただきました。ありがとうございます。

参考になれば幸いです。ご覧ください。

・以前にもコミュニケーションについて学んだことがありましたが、人間の脳・欲求も交えてより深く理解できました。
現代社会で必修のコミュニケーション能力(信頼関係の構築)の土台を学ぶことができとてもよかったです。
子育てや新人研修において自己重要感が満たされるような行動・発言ができるよう自らの自己重要感も満たしていきたいです。
(36歳女性 コールセンター)

・内容が濃いので大変かと思いましたが、ロールプレイングやエクササイズで実践する機会があるので、とても良かったです。
仕事でも実践したいと思いますし、家族との(当たり前に思っていた)思い込みを外してみたいと思います。
意識することで関わるときの気持ちも変わると思います。
(42歳女性 会社員)

・今までいくつかの講座を受けたことがありますが、この講座は要点が絞られていてシンプルなので記憶に残りやすいと思いました。実例がとても多くて分かりやすくイメージしやすかったです。直属の上司に伝えて、業務に活かしていきたいです。
(32歳女性 育成)

・改めてコミュニケーションの「難しさ」「重要性」を認識できた。組織マネジメントへの活用のみならず、私生活上の人間関係構築においても貴重な「気づき」を得る機会となった。
エクササイズが適度にあり最後にゲームで体感する進め方は受講生としては飽きず当事者意識が持続しとても良かった。またポイントポイントで豊富な事例を交えての講座だったので非常に分かりやすかった。
(50歳男性 会社役職者)

 

・人との関わりが多い仕事なので、常日ごろ自分が気を付けていることが正しかったということに気付くことができました。
また「相手の反応が自分のコミュニケーションの結果」だということは、今後コミュニケーションがうまく取れないことがあっても、自分を振り返るきっかけにできると思うので、忘れずにしていきたいと思います。
また仕事上だけでなく、日常面に活かせることも多くあったので、友達や親などプライベートな部分は意識していないこともたくさんあったので、立ち振る舞いや表情など気を付けていきたいと思います。
(28歳男性 営業)

・コミュニケーションは大切と分かっていましたが、「何が大切か」「重要なのか」がこの講座で理解することができました。 特に「思い込み」によるミスコミュニケーションの怖さをゲームで体験でき、今後はより気を付けなければと思いました。
どの内容も先生の体験談や事例を交えて教えてくださるので、イメージしやすくてわかりやすいです。
(28歳女性 電話オペレーター)

・「今日1日でヒントがたくさん 見つかりました!」
患者様とのコミュニケーションの能力を向上させたくて受講しましたが即実践できるようにエクササイズなどありよかったです。
(32歳 医療事務)

・コミュニケーションの実践や体験を通して、話を聞くだけでなく自分に身に付き吸収することができました。
日常生活でも今回学んだことを活かして、相手とのより良い環境を過ごしていければと思いました。
(23歳女性 大学院生)

・自分への気づきが多くあった。無意識に多くの人を傷つけていたと思う。言葉に優しさを持たせ、自分からプラスオーラを出していきたいです。
(36歳女性 学校教師)

・今回、娘と一緒に参加したのですが今まで気づかなかった娘の内面がしっかりとしてきたことに驚き、感動しました。
この講座で一緒に講義が受けられて本当に良かったです。
(43歳女性 医療事務)

 

 

代表からのメッセージ

企業様のイメージ戦略に欠かせない好感度や信頼度を高め、多彩なニーズに合った実践的且つ効果的な研修を行います。

「何を伝えるか」よりも「どのように伝えるか」

現代は、メールでタイムリーに連絡がとれる時代。
だからこそ、直接会ったり、話したりすることが貴重なビジネスチャンスになるのです。

ネット社会が発達するとともに、電話での会話も軽視されがちになってきました。
それだけに「電話応対」の会話の技術を磨くことは企業の大きな強みであり、CS向上にも繋がります。
また、お客様にお会いした時、想像以上に好感度の高い「おもてなし」ができる接遇力もあれば、大きな成果につながっていきます。

その為には「何を伝えるか」というより「どうのように伝えるか」というコミュニケーション力を磨く必要があります。
また、担当させていただく研修では、スタッフの「長所・強み・個性」を活かし、 単に教えるだけはなく、そこに「気付き」
や「喜び」や「成長」が感じられるサポートを行ってゆきます。

40年の経験があるからこそ,「伝えられること」があります。

Fumiko Office代表
企業をサポートする実践的トレーナー 古川文美子

 

●PROFILE

t0044

Fumiko Office代表
企業をサポートする実践的トレーナー 古川文美子

香川県高松市出身。岡山県倉敷市在住。
1972年、大手建設会社に入社。
経理事務を経験後、ブライダルアドバイザーの仕事を経て、金融機関で窓口営業を10年担当し、顧客との信頼関係を築きながら売上目標を常に達成。
以降は人事部に転属して10年間教育インストラクターとして通算2000名以上の社員教育を行う。
さらに米子での1年間の単身赴任も経験。

その後入社した介護福祉施設で事業立ち上げから関わり、スタッフの採用から教育までを体系化、職種別・階層別の研修を行う。
そのかたわら現場にも入り、スタッフの指導・育成に力を注ぎながら、外部で電話応対などの研修講師も務める。
延べ40年間企業人として、家事や育児、さまざまな活動との両立を試行錯誤しながらワークライフバランスを実践してきた。

2013年1月、人材育成支援をテーマに「Fumiko Office」を設立。

医療機関、介護施設コールセンター、販売業、サービス業、製造業など200社以上の研修、専門学校・短期大学の講座に携わり、企業のトレーニング・コーチとして現場スタッフに長期的・定期的な指導も行う。

「知る」から「できる」へ…。

自身の経験を踏まえた実践的トレーニングは、「楽しい!」「わかりやすい」と定評がある。
また、企業の顧客満足度向上に貢献する新しいコミュニケーション教育の実現を目指し、「コミュニケーション能力」の認定講座、「電話応対技能検定」の講師や試験官も務め、通算2000名の審査を行い、講座の普及にも力を注ぐ。

日本電信電話ユーザ協会主催の「企業電話応対コンクール全国大会」の審査委員長を務めながらコンクール出場者の指導も行い、これまで全国大会や県大会で50名以上を上位入賞させてきた。

 

・一般社団法人日本教育推進財団  認定コミュニケーション・トレーナー、コミュニケーション能力2級資格取得講座認定講師
・公益財団法人日本電信電話ユーザ協会  電話応対コミュニケーション・トレーナー、電話応対技能検定3級~1級認定講師
・JHMA認定ホスピタリティ・コーディネータ おもてなしコーディネータ
・GCS認定コーチ
・日本選択理論心理学会 学会員
・NPO日本リアリティセラピー協会 会員
・公益財団法人日本電信電話ユーザー協会主催電話応対コンクール 審査員

 

岡山初開催 「コミュニケーション能力1級認定講座」をおこないました

岡山で「コミュニケーション能力1級認定講座」を開催したいという想いを叶えた2日間。

広島、島根からもお越し頂き、受講生同志の繋がりも深まり、うれしい限りです。

受講生の方から、
 質の高い講座でした
 とても素晴らしい経験をさせて頂きました
 チームで目標達成することがこんなに感動を生むことに驚きました
 達成感、充実感で一杯でした

などの感想を頂きました。

また本部からお越しいただいた中田珠麻美先生から私も学びと感動を頂きました。ありがとうございました。


5月27日 リーダー対象 コミュニケション能力2級認定講座をおこないました

限定5名という少人数で毎回開催しています。今回もアットホームな雰囲気の中、色々な気付きを持ち帰って頂きました。

【受講生のアンケートより】

信頼関係は勝手にできていくものではないこと。色眼鏡をかけて決めつけて楽にやっていこうという気持ちが生まれていたことに気付かされました。
「伝えたいこと」が100%伝わらないのがコミュニケーション。という言葉に救われました。これからはそのことを意識して、コミュニケーションギャップを少なくしていく努力をします。
気持ちを汲み取りながら聴くことは、社員だけでなく、お客様にも大切なことなので実践していきます。
私の弱いところがよくわかったので、それに気づかせて頂いたことが一番の収穫でした。
今まで思っていたコミュニケーションが根本的に間違っていたので、明日からリスニングスキルを活用し、お客様に満足して頂けるような電話対応をしてゆきたいです。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.